【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2012年04月15日

【アイデアメモ】FLASHアニメ作家兼声優のコンビ

お笑いコンビでもなく、声優でもなく、FLASHアニメでこんとやってる奴らにしか無いポエジーっつーか情緒があるはずだ、という発見。コントくらいの尺でなにか。
自分らも一時期作りまくってたし。あれだけを二人くらいで作り続けてたら、思い入れも、どん詰まり度も、すごいことになるのではないかと。

●お笑い芸人みたいに姿現さず、でも声優みたいに大勢でやらずにインディペンデントである点。
●でも意外と見られてる、ネタだけは知られてたりする点。
●声だけじゃ満足できなくなって人前に出て大失敗したり
●ネタや演技が理屈になっていて客前じゃ通用しなかったり
●人前に出る/出ないで揉めたり
●狭い部屋で、小さなマイクに向かってるんだけど、世界に発信してるかのようなロマン
●狭い部屋で、小さなマイクに向かってネタをやるときの、でも「あそこには全てがあった」感
●成長の話
●別れの話
posted by 冨坂 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇作あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック